指導員紹介

 

菊地たか子

Takako Kikuchi, chief instructor (JKA 5-dan)

旧姓谷崎、東京生まれ。

横浜市立大学文理学部卒、1990年に長岡市に転居

(公社)日本空手協会公認五段 B級指導員

(公財)日本体育協会公認 空手道上級指導員

 

空手暦

中学生の時、(公社)日本空手協会(JKA)総本部で空手を始める

1979 JKA第22回全国大会個人戦女子形4位
1982 JKA第25回全国大会個人戦女子形7位
1983 JKA第26回全国大会個人戦女子形5位
1986 JKA第29回全国大会個人戦女子形準優勝
 第21回・第22回東日本実業団個人戦女子形優勝 

2002 第一回全国熟錬者大会女子形優勝・組手準優勝

2003 第三回全国熟錬者大会女子形準優勝
2004 第四回全国熟錬者大会女子形優勝
2005 第五回全国熟錬者大会女子形優勝
2006 第六回全国熟錬者大会女子形優勝
2001 第1回日本スポーツマスターズ女子形三位
2002 第2回日本スポーツマスターズ女子形準優勝
2003 第3回日本スポーツマスターズ女子形準優勝
2004 第4回日本スポーツマスターズ女子形優勝
2005 第5回日本スポーツマスターズ女子形準優勝 

 

 

 

 

高野 勝
Masaru Takano

 

長岡市出身。福井の高校で協会の空手を始め、名古屋での6年間の学生時代も熱心に空手道を修練。
長岡駅側の「高野医院」で治療に当たる内科のお医者様。

(公社)日本空手協会公認三段 D級指導員・D級審判員

 

 

 

 

 

水澤元博

 Motohiro Mizusawa

 

水澤電機株式会社 代表取締役

http://www.mizu-den.co.jp/

 

空手歴

1984年4月 米国ワシントン空手協会林派糸東流で空手を始める

USAKF 全国大会 小学1~6年 形優勝
その後和道流・剛柔流を修練

WUKO PAN AMERICA 審判員取得

1996年4月 明治大学体同連剛柔流空手道部入部、四年生で主将を務める

日本剛柔流空手道連盟剛柔拳舎参段取得
第31回学生空手道振興連盟大会個人組手優勝・団体準優勝